up
 since2004
side

 
 羆塾(ひぐまじゅく)とは
   yajirusi#羆塾設立趣意
   yajirusi活動内容/活動履歴
   yajirusi塾生/ベアドッグ・拠点紹介
   yajirusiベアドッグ
 ヒグマの保護管理活動
   yajirusi羆塾のヒグマ対策
    yajirusi調査/分析~対応判断
    yajirusi教育&防除
    yajirusi捕獲
 ヒグマのベーシック
   yajirusiヒグマの食性と年周期
   yajirusiヒグマの知能と学習能力
   yajirusiヒグマの一生
 対策ベーシック
  yajirusiベアカントリーへようこそ
   yajirusi出遇わないために
   yajirusiもし出遇ってしまったら
  yajirusi被害を防いで暮らす
   Type1:中山間地域・農地帯
   Type1:都市部周辺・観光地
 ヒグマのアドバンス
   yajirusi力学と準テリトリー
   yajirusi捕獲リバウンド現象
   yajirusiヒグマの社会学
   yajirusiヒグマ教育学
   yajirusiヒトとヒグマの関係学
 フィードバック/普及啓蒙活動
   yajirusiフォーラム/レクチャー
   北大雪カムイの森
   出版物・電子書籍
  ヒグマ問題を抱える行政の方へ
 ヒグマ関連情報
   yajirusiおすすめの本/LINKS
   yajirusi丸瀬布の自然と観光
 
  2004~2013羆塾・旧サイトより
   yajirusiエッセイなど
   yajirusi2013ヒグマ対策と公開情報
 

sika



Pet4You.jpのエコ活動
白滝ジオパーク
「GIO」と「ECO」のコラボレーション
白楊舎
ベアドッグの育成でお世話になっています

環境との調和をめざすリゾート
オススメ!
side


対策ベーシック




プロローグ―――クマはヒトを映し出す鏡

 知床の山中さんが「新世代ベアーズ」と表現してから久しいが、近年、知床のみならず道内のヒグマの行動パタンの変化は確かにある。特に札幌・旭川・帯広などの大都市部とアウトドア観光エリアの周辺でそれが顕著だ。そればかりでなく、言い合わせたように本州方面でもヒトとクマのトラブルが増えているように感じられる。
 これらの変化、ただ漠然とみていると漠然とした不安感を抱くしかないが、それぞれの地域のクマの変化には、必ず道理に沿った理由が隠されている。ツキノワグマにせよヒグマにせよ、クマがヒトを無視して自発的にクマ社会の変化を起こすことはなく、人間社会の変化・人の暮らしっぷりの変化に対してじつに合理的に対応してきているだけなのだ。
 山の植生・木の実の豊凶やサーモンの遡上などの自然環境に対し、ヒトの暮らし・社会をクマにとっての「人間環境」と呼んでいるが、ヒグマは「ヒグマのベーシック」で述べた非常に高い知能と学習能力によって、ヒトの暮らしの変化を微妙に感じ取り、人間環境にきっちり対応して自らの性質や暮らしの形態を変えてくる生きものなのである。
 新世代ベアーズというのが知床に現れたのなら、それはそのエリアに関わるヒトがつくったクマだし、札幌も丸瀬布もそれぞれのエリアのヒトがそれぞれのエリアのクマをつくった。クマというのは「ヒトを映し出す鏡」のような生きものなのだ。もし仮にヒトが望むクマの性質や暮らしがあるのなら、そのクマをつくるよう自らが意識や暮らし方を変えないといけない。ヒト側のその変化なしに突き進もうとしても、問題はこじれるだけで一向に解消へ向かない。

 バブル期に無節操な山林開発が行われた一方、昨今では、特に中山間地域で過疎化・高齢化が進み、元来「人里」が持っていた活力・エネルギーを失ってきている。手入れのされない里山や耕作放棄地が増え、野生動物のコリドー(移動経路)となったり、さらにヒトの活動か消え生息地化しているのが現状だ。
 逆に札幌などの都市部では新興住宅地や別荘地が山に浸食する形で入り込み、ヒグマの生息地とヒトの生活域が背中合わせになっていたりする。どちらの場合もヒトとヒグマの境界線は今や曖昧で、その境界線付近を中心に混沌とヒトとヒグマの悶着・軋轢が高じつつある。
 中山間地域・農地帯の問題はさらに人為的で、バイオエタノールの普及でその原材料となるデントコーンが世界的に高騰し、道庁が積極的に道内農家にデントコーンの自家栽培を推進したために、全道的にデントコーンの被害が増え、そこにまた従来の捕獲一本槍で対応したことによりヒグマの有害捕獲数(駆除)も急激に増えたまま高止まりする結果となった。ヒトとヒグマの農業軋轢の主役となっていたデントコーン栽培を増やす政策を、防除(クマ用の電気柵)の普及をセットでおこなわなかった道庁の過失も大きい。ヒグマと対抗できるクマ撃ちは風前の灯火で、クマといえばついつい箱罠(はこわな)を頼る地域が多く、この箱罠による弊害も多方面に大きく被害解消にお手上げ状態の地域も次々と出始めている。

 注意して欲しいことは、デントコーンのヒグマによる被害が高じ恒常化しているということは、常時その周辺にヒグマが歩き回っているということを意味し、単に農業被害の問題というよりその地域全体のリスクマネジメントの問題だということ。これは、ヒグマのエサ場になっているデントコーン農地に囲まれたような保育園や小学校あるいはキャンプ場を考えれば、より明瞭に理解できるはずだ。実際にそういう場所が北海道にはすでに存在しているのだが、小学校でダメなものは家庭のご主人が犬の散歩に歩く場所でもダメだし、ごく普通の住宅地でも容認不可能だと思う。

 ヒグマの生息地に隣接するデントコーン畑にヒグマ用の電気柵をきっちり施さずにいれば、そこがヒグマのえさ場になることはほとんど必至。そこで目先の策で箱罠をかけたところで問題は何も解決しない。クマはそれなりに獲れるだろうが、漫然と毎年それを続けていればワナにかからないクマの比率が増えつつ、その周辺に一年通して活動する若いクマやメス熊も現れてくるだろう。メス熊が暮らせば、その場所が新たな若グマの生産地帯になる。さらにクマ密度が局所的に増しながら、無警戒化がクマの世代交代ごとに進むだろう。このあたりのメカニズムは従来の生態学ではなく、ヒグマの社会学的/教育学的視点で解読していかないと理解は進まない。(参照:「ヒグマのアドバンス」)
 ヒグマによる農業被害が止まらない。高止まりする。ヒグマ毎年箱罠で殺せるだけ殺す。そして、人里周辺に無警戒なクマが年中歩き回り人身事故の可能性が人里とその周辺で慢性化する。―――これがまっとうな鳥獣行政のはずがないし、もしこういう原理さえわかっていればその状態を回避する方法を考えるだろう。

 昔から「山親爺」「山の忍者」の異名をとるクマだが、奥山の散策・山岳登山や源流の釣りでは、ヒグマはそれなりに暮らしていてもリスクは昔と変わらずさほど高いものではない。が、人里周りで箱罠を多用・乱用している地域では、ヒグマを捕獲しているはずの人里周りで局所的にクマとの遭遇率や人身事故の可能性は高じてしまっている。
 
 ここでは、次の分類でそれぞれについてヒグマとトラブルにならない方法論を解説しようと思う。
     A.ヒグマの生息地に人が踏み入る場合のリスクマネジメント

     B.ヒグマの生息地に隣接する人里などで暮らす場合のリスクマネジメント
       Type1:中山間地域・農地帯
       Type2:都市部周辺・市街地・アウトドア観光地 








Type1:中山間地域・農地帯
 このエリアでヒグマとヒトの軋轢の主役となっているのは「農業被害」、つまりヒグマの餌付けです。







Type2:都市部・市街地
 このエリアで昨今増えている問題は、成長過程の若いヒグマの好奇心・無警戒による市街地・公園などのヒトの活動域への出没です。


 Sel

12+240+(18+780+18)+12=1080  780=28+724+28
+
Copyright (C) 2014 higumajuku. All Rights Reserved.
down
site map   プライバシーポリシー   特定商取引法に基づく通信販売業者の表示――― powerd by higumajuku